酵素について » 消化酵素と代謝酵素

消化酵素と代謝酵素について

私たちの体にあるという酵素。この酵素は私たちが生きていく上で重要な役割を果たしていると言います。

それこそ、命をつなぐためには必要不可欠な呼吸や排泄といったことから、
外からの侵入者(ウイルスなど)から身体を守る役目まで、酵素がに担っています。

その中でも代表的なものが「消化」と「代謝」のはたらきであり、
それぞれを行う酵素を「消化酵素」「代謝酵素」と呼んでいます。

では、詳しくこの2つの酵素のはたらきを見てみましょう。

消化酵素とは主に、私たちが食事としてとったものを消化、
分解して体に吸収しやすくするという役目を持っています。
食べたものが消化されて栄養として補給されるのはこの消化酵素があるおかげなのです。

例えば三大栄養素で見てみましょう。
デンプンはブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸にそれぞれ分解されます。
このように消化酵素に分解された姿になって始めて体に吸収されるのです。

代謝酵素は主に生命維持を役割としています。
例えば呼吸、身体を動かすといった部分を担っているのです。
また、免疫力や自然治癒力の向上などのこの代謝酵素のはたらきです。
また、消化酵素によって分解され吸収された栄養を細胞に届けるのも代謝酵素の役目です。

体のバランスは消化酵素と代謝酵素の釣り合いで保たれています。
本来ならば、天秤が釣り合って体は健康に保たれています。

しかし、食生活などが乱れて消化酵素の割合が増えてしまったりすると
うまく代謝酵素がはたらけずに健康を害してしまうことがあるというわけです。

酵素は、私たちの生活において非常に重要なものなのです。あなどってはいけません。

資源が豊富